ファッションやおしゃれが大好きな方にとって、アパレル業界の仕事は憧れです。
アパレル店員のアルバイトから、正社員雇用を目指す方も多いです。
しかし、実際にアパレル店員から正社員雇用を目指す難易度はどれくらいのものなのでしょうか。

アパレル店員で正社員を目指すなら熱意は第一

これから正社員を目指すのに最も基本的なポイントが「熱意」です。
どれだけ正社員になりたいかという熱い気持ちを忘れずにいて下さい。

そのためには、無遅刻無欠勤は当然ですし、仕事に対する積極的な姿勢も問われます。
正社員を目指すというのは、バイトの昇格や昇給よりはるかに難しい事です。
昇給のような目に見える成果もすぐには出ずに、なかなかうまくいかない事もあるかもしれません。

アルバイトから正社員になるためには会社選びも大切

どんな業界でもそうですが、バイトから正社員になれる道筋がきちんとできている会社を選ばないと、どれだけ努力をしても正社員になるのは難しいです。
そのため、正社員雇用を目指すなら、最初からバイトから正社員にステップアップできるかどうか確認しておくのが大切です。


売上はあればあるほどアピール条件に!

アパレル店員の仕事ぶりを評価するのは、やはり売上です。
売上のノルマがない会社でも、正社員を目指すなら個人の売り上げはあればあるだけアピール条件になります。
自分がどれだけ会社に貢献できる人材かどうかを実績として残すためにも、売上アップに貢献できるようにしましょう。

日頃からのアピールは積極的に

どれだけ真面目に仕事として売り上げを伸ばしていても、正社員になりたいという気持ちを伝えなければ、チャンスは巡ってきません。
まじめな働きぶりが評価されて正社員雇用の声がかかるのを待っているより、自分から積極的に上司や本社の人に正社員を目指しているという事を伝えましょう。
正社員を目指している熱意が伝われば、それだけ正社員への近道になります。

また、正社員になるのに何が足りないかのアドバイスも周囲からもらえるため、自身の成長にも繋がります。

小さな仕事でも自分から探そう

アパレル店員の仕事は、売上を伸ばすのも大事ですが、それだけではありません。
将来的に正社員を目指すなら、お店全体を見たり、会社の事を考えたりできるようにならなくてはなりません。

そのため、普段から周囲を注意して見る力を身に付け、積極的に雑用や細かい仕事に取り組みましょう。