アパレル店員といえば、最新のファッションに身を包み、流行の先端にいる華やかな業界の一員というイメージがあります。

しかし、どんな業界にも大変な部分というのはあります。
アパレル店員として働く上でのデメリットとはどのようなものでしょうか。

とにかく洋服にお金がかかる!

アパレル店員の仕事のデメリットで最も有名なのが、服にお金がかかるという事です。
アパレルの仕事をする方というのはもともとファッションが好きな方が多いため、服にお金がかかるというのも当たり前だと思うかもしれません。

基本的にアパレルで働く場合はそのブランドの服を着用します。
そのため、仕事で着る洋服は、ブランドがその時売りたい商品であるなど、必ずしも自分が着たい服ではないという事もあるのです。
アルバイトをする日が多いと、服も何着も必要になりますし、アパレルの仕事で洋服にお金がかかるのは仕方ないことです。

体力勝負の立ち仕事が中心

基本的に、アパレル店員の仕事は立ち仕事が中心です。
お客様の接客はもちろん、品出しなどで重い荷物を運ぶこともあります。休憩時間を除いてずっと立ちっぱなしという事も当たり前にあるのです。

女性の場合はブランドによってはヒールの靴が必須なので、足が痛くなったりむくんだりするのも日常茶飯事です。

また、アパレルにとって最も忙しくなるセールの時期は、目も回るほどの忙しさになるお店もあります。
繁忙期は残業なども多く、拘束時間が長いというデメリットがあります。
時給のわりに拘束時間が長いことで、体力的にも精神的にもきつくなってしまうという方も多いです。

接客のストレスが溜まって疲れてしまう

アパレルの仕事の基本はお客様とのコミュニケーションです。
慣れてくれば接客を楽しむ事ができるようになりますが、コミュニケーションが苦手な方や、アパレルのアルバイトが初めてという方などは、慣れない接客でストレスが溜まりがちになります。

ほとんどの方は仕事に慣れていくにつれてお客様とのコミュニケーションにもなじんでいきますが、最初のうちは、ストレスによる疲労はつきものです。

休みが周りの友達と合わない

アパレル店員は基本的に土日祝日や年末年始、ゴールデンウイークなど、普通の人が休みの日は仕事を休めません。

お客さんが来るのが休日が多いので当然なのですが、土日休みの友達や恋人などとなかなか休みが合わせられないというデメリットがあります。
ただ、平日休みの場合は、どこへ行くにも混雑していないというメリットもあります。