アパレルで働くというと、おしゃれでセンスのある人ばかりが集まる特別な業界というイメージがあります。

しかし、私には無理かもしれないと諦めるのは早いです!
アパレル業界でも、面接のポイントさえ押さえれば、未経験でも十分受かるチャンスはあります。
アパレルで働く時に大切な面接のポイントについて紹介します。

身だしなみはTPOに合わせて

アパレルで働く際に志望者がやってしまいがちな失敗の一つが、服装や身だしなみについてです。
アパレルの仕事は、他の業界と違ってファッションセンスが問われる仕事です。

とはいえ、センスをアピールしようとして奇抜な格好で面接に臨むのは逆効果です。
あくまでも面接という事は忘れず、身だしなみには十分気を使いましょう。

服装は、志望するブランドに合わせていくのが一番です。
全身そのブランドで固めるというのではなく、ブランドが伝えたいイメージや雰囲気に合っている服装をしている方は好印象です。

志望動機は事前にしっかり用意しよう

慣れない面接で緊張してしまい、上手く質問に答えられなかったという事がないように、事前の準備は大切です。

特に、志望動機についてはしっかり考えておきましょう。
志望動機は、自分がなぜアパレルの仕事で働きたいか、そのブランドで働きたいかをアピールする絶好のチャンスです。
志望動機で熱意が伝われば、例え未経験でも採用のチャンスは大きくアップします。
志望動機には、お店での体験やそのブランドの服を着た時の気持ちなど、具体的なエピソードを入れるのがおすすめです。

接客の経験があればアピールしよう

アパレルの仕事が未経験でも、接客の仕事の経験があれば、アパレルで働く上で非常に役立ちます。
そのため、接客経験は積極的にアピールしましょう。

また、部活やサークルなど、コミュニケーション能力を高めるのに役立つ活動も、アパレル業界で好まれるポイントです。
アパレルの仕事は人と接する機会が非常に多い仕事です。
自分が人と接する経験をどれくらい詰んできたかという点は、できるだけ具体的に伝えましょう。

アパレル未経験でも熱意を伝えよう!

未経験者にありがちなのが「未経験だから何もアピールできない」と最初からあきらめてしまう事です。
大切なのは、どれだけアパレルで働きたいかという気持ちを伝えられるかです。

どんな理由でアパレルの仕事をしたいのか、そのブランドのどんなところが好きなのか、思いつく限り、その仕事をしたい理由を伝えてみて下さい。