アパレル店員の仕事は、やりがいに溢れた仕事です。
ファッションや人とのコミュニケーションが好きな方にとっては、良いところがたくさんあります。
アパレル店員の仕事の良い所を知れば、もっとアパレルの仕事に興味が湧くかもしれません。

好きなブランドの服を安く買える

アパレル店員は自社の商品を買う時に社割が利くので、会社によって違いはありますが、半額から8割引きぐらいで自社製品を購入できます。

ファッションが好きな方にとって、社割が利くというのは、アパレルの仕事を選ぶ大きなモチベーションになる理由のひとつです。
また、ショップで働くには常にそのブランドのトレンドとなる服を着る必要がありますので、社割が利くことで、毎日の洋服代も非常に助かります。

おしゃれをして自分磨きが出来る

アパレル店員は、ショップ店員の顔としてさまざまな服を着るのも仕事のひとつです。
店員さんがおしゃれにそのブランドの服を着こなしていたら、お客様にとってもその服に興味が湧きます。

今は、おしゃれな店員として評判になり、雑誌にカリスマ店員として登場する方もいます。
店員として人の前に立つ機会が多い事で、常に人の目を気にするようになると、自分磨きが出来るようになります。
外見はもちろん、内面もどんどん洗練されていくので、人間としてさらに魅力的になれるでしょう。

人と話すことで人脈が広がる

アパレルの仕事は、お客様と話して服を売ることです。
自分の話術によってどんどん馴染みのお客様が増えてくると、自信につながります。

また、たくさんの人と出会えるため、自然と人脈が広がるという点もアパレルの仕事の良い所です。
アパレルの仕事はとにかく会話する機会が多いです。
訪れるお客様の中には、ファッションに敏感だったり、ファッション関係の仕事をしていたりする方もいます。
そういった方と接する事で良い人脈が広がると、自分にとっても大きなメリットがあるでしょう。

服が売れたときの喜びが大きい

アルバイトでも正社員でも、自分がどれくらい服を売ったかがアパレルの仕事の評価基準になります。
最初はなかなか難しいかもしれませんが、自分の力で服が売れたときの喜びは、この仕事で何よりも嬉しい瞬間です。

自分のアドバイスによってお客様がおしゃれになっていくのを感じられるため、やりがいが非常に大きいです。
服が売れたときの喜びを一度味わったら、より多く売るにはどうしたらいいか、お客様に喜んでもらえるにはどうしたらいいかなど、アパレル店員としてさらに成長したいという思いが強まります。