アパレル店員は、男女問わず人気の仕事です。
服が好きな人にとっては、好きなブランドで働くことができるアパレルの仕事はまさに天職と言えるでしょう。
アパレル店員として働くにあたって大切なポイントとはいったい何でしょうか?

人とのコミュニケーションを取るのが大好き

アパレル店員は、様々なお客様と会話して服を売るのが仕事です。
そのため、人と話すことが好きな方は、アパレルの仕事に向いています。

訪れるお客様は、初めての方から常連さんまで千差万別です。
ひとりひとりのお客様のタイプや個性を見極めて上手くコミュニケーションをとることが求められます。
そのため、人と話すことが好きというのは、面接でも大きなアピールポイントになります。

明るい性格で常に前向きな姿勢を忘れない

アパレルに向いている人の絶対条件は、明るくて前向きな性格の人です。
もしも自分が洋服を買いに行った時、暗い表情で不機嫌そうに話す店員がいたら、買う気が無くなってしまいますよね。
お客様に対して常に気持ち良く買い物をしてもらうために、親しみやすい印象は大切です。

また、アパレルの仕事は売上を気にしたり、繁忙期で忙しくストレスが溜まったりすることもあります。
そうした辛い部分にも常に前向きに乗り越えていける積極性のある性格は、非常にアパレル向きの性格といえるでしょう。

好きなブランドだけでなくあらゆることに興味が持てる

アパレルの仕事を目指す方は、服が好き、好きなブランドで働きたいという気持ちが非常に強いです。

ただ、それだけではなく、自分のセンスを磨くためにあらゆる分野に広い視野を持てる性格は、アパレル店員の強みになります。
日頃から流行に敏感になり、あらゆる分野に興味を持っていれば、自然と自分のセンスも磨かれます。
独自のセンスを持っていれば、お客様の接客にも役立ちます。

注意力と観察力があると大きな強みになる

アパレルの仕事は、お客様と接する機会が多いため、相手の反応に細かく気付ける力はとても重要です。
相手の反応を見ながら服をおすすめするのはもちろん、お客様に声をかけていいタイミングか見極めるなど、アパレルの仕事にはきめ細かな注意力や洞察力が求められます。

また、ショップにある在庫の確認や検品もアパレル店員の大切な仕事のひとつです。
不良品がないかの確認をしたり、在庫の入力を正確に行うことが求められるので、物事を素早く正確にこなせるというのも大切です。