アパレルで働くには、特別な資格は必要ありません。
しかし、周りと差を付けるには、資格を持っていると有利になる場合もあります。
面接でのアピールや、仕事で役に立つアパレル店員の仕事に活かせる資格を集めてみました。

ファッション販売能力検定試験

アパレルで働くのに役立つ資格で最も有名なのがファッション販売能力検定です。
ファッション販売能力検定を持っていれば、面接でも大きなアピールポイントになります。

ファッションの販売技術や知識のほか、お店のマネジメントも試験で出題されますので、ファッション販売や経営に関する知識や技術を証明できます。
将来アルバイトから正社員を目指す方や、独立を考えている方にもおすすめです。

色彩検定

アパレルで働く方だけでなく、デザインやインテリアに関する仕事に就いている方など、クリエイティブな分野で人気なのが色彩検定です。

色彩検定は、洋服のコーディネートや、お店のディスプレイを考える時に役立ちます。
色彩について自分の感覚だけでなく、きちんとした知識を元に選ぶことができるので、アパレルで働く上で大きな強みになります。

販売士

販売士は、小売業や流通業界で認められた唯一の公的資格です。
そのため、小売業に関わる多くの方が販売士の試験を受験しています。
販売についての技術や知識があるということを証明できるので、洋服を売るのが仕事のアパレル店員にとってはとても役に立ちます。

また、販売士は商品を売るだけではなく、商品開発や物流についての知識、仕入れを効率的に行う方法など、小売業に関するさまざまな知識が出題されます。
これからアパレル業界でステップアップしたり、自分のお店を持ちたいという方にとっては、是非チャレンジしたい試験です。

ファッションビジネス能力検定

アパレル業界でのキャリアを築いていきたいという方におすすめなのが、ファッションビジネス能力検定です。
ファッションビジネス能力検定はアパレルの仕事の中でも、営業や企画職におすすめの検定試験となっています。

ファッションビジネスに関する基礎知識や能力を認定します。
ファッション業界のマーケティングやマネジメント知識など、専門的な内容が求められるため、ショップ店員としては必須ではありませんが、持っていれば将来的に有利になる可能性が高いです。
この先マーケティングなどの分野に関わりたいという方は、早い段階で取っておくのがおすすめです。